ホーム > 取扱業務 > 相続問題や遺言に関するトラブルでお悩みの方

取扱業務

相続問題や遺言に関するトラブルでお悩みの方

相続や遺言について悩んでおられる方に対する当事務所のサポートは次のとおりです。

サポート1 法律相談(完全予約制です。)

親族が亡くなったが相続手続きをどうすればよいのか悩んでいる方、相続人間での話し合いがつかず相続手続きが進まない方、将来に備えて遺言を残しておきたい方など、ご相談者の抱えておられる相続にまつわる様々な問題について、弁護士がわかりやすく丁寧にアドバイスし、ご相談者をサポートします。

相談料
1回5000円(相談時間約30分から1時間)
予約方法
まずはお電話下さい(フリーダイヤル0120-21-3410)
受付時間は平日午前9時から午後6時までです。
相談日時
平日午前9時から午後6時
※お仕事などで上記相談時間での法律相談が難しい方は、随時、午後6時から午後9時までの夜間相談・土曜相談も受け付けております。
ご持参いただきたい資料
家系図、被相続人の財産の一覧表のメモ
戸籍(除籍)謄本(手元にあれば)
財産(不動産、預貯金、保険など)資料

相談のご案内へ

サポート2へ もしくは、 サポート3へ

サポート2 交渉・訴訟・調停

サポート1で法律相談を担当した弁護士が、相手方と交渉し、調停や調停後の審判手続きに対応をするなど、ご依頼者の代理人として、解決まで全面的にサポートします。

弁護士報酬へ

※ ご依頼者の状況・事件の内容に応じて、着手金の分割も可能です。
※ 弁護士報酬とは別に、裁判所の手続きを利用するために裁判所に支払う印紙代などは、別途ご負担いただく必要があります。

弁護士報酬の目安

Hさんは、先月夫を亡くしました。夫は自宅不動産、山林、株券、預金など総額2000万円の遺産を残しました。遺言書はなく相続人はHさんと子供の2人の合計3人です。遺産の範囲には問題が無かったのですが、遺産分割協議はまとまらなかったので、当事務所の弁護士を代理人として、遺産分割の調停を申し立てました。その結果、Hさんは1000万円相当の法定相続分に従った遺産を取得しました。

着手金
50万円(15万円+700万円×5%)※消費税別
※報酬金と同時精算の後払い
報酬金
70万円(1000万円の7%)※消費税別

サポート3 遺言書作成

サポート1で法律相談を担当した弁護士が、後日の親族間のトラブルを予防するための、ご依頼者の遺言書の作成をサポートします。

弁護士報酬へ

※ 弁護士が遺言執行者にもなっている場合は遺言執行手数料が別途発生します。
※ 弁護士報酬とは別に、公正証書作成の場合の公証人の手数料等は別途ご負担いただく必要があります。

弁護士報酬の目安

Iさんは、残される遺族のために、今のうちに定型的な遺言書を作成することにしました。資産は、不動産、預金と株券で、評価額の総額は5000万円です。当事務所の弁護士が、Iさんの意向に従い、公正証書遺言の作成を行いました。

作成手数料
10万円 ※消費税別

ページの先頭へ戻る