ホーム > 法律Q&A > 不動産問題関係

法律Q&A

法律に関するQ&Aを随時更新していきます。

不動産問題関係

Q. 家賃を滞納されているので滞納家賃を回収して出て行ってほしいけれどその方法は?

まず,自発的に支払ってもらえるよう働きかけをする必要があります。
方法としては口頭で,口頭で支払わなければ内容証明郵便で請求すべきでしょう。
借主が支払うと答えた場合は,言った言わないの話にならないよう,書面を取り交わしておくべきでしょう。
借主が支払わない場合は,賃貸借契約の解除をし,明け渡しを求めていくことになります。賃貸借契約の解除は,信頼関係が破壊されたと評価される場合でないとできませんが,おおむね家賃3か月以上滞納したような場合には解除が認められる傾向にあります。
家賃の滞納額が高額になればなるほど回収は困難になりますし,その間新しい入居者に入ってもらうこともできませんから,放置をしていると損害が膨らむばかりです。早期に的確に対応する必要があります。
家賃を支払わないからと,鍵を取り替えてしまったり,家財道具を処分したいとおっしゃられる家主さんもおられますが,そんなことをすれば逆に借主から損害賠償を請求されるリスクもあります。弁護士に早期にご相談下さい。

Q. 退去時に,家主から日光でクロスが変色してしまっているからそのクロスの張替費用を敷金より引いておくと言われました。仕方のないことなのでしょうか?

家主の言い分はとおりません。
退去時に家主から原状回復名目に不当な支払いを要求されたり,敷金から天引きされたりするトラブルが多くあります。
このような,トラブルを防ぐため,国土交通省は「原状回復トラブルとガイドライン」を作成しています。このガイドラインによれば,通常の使用による損耗部分や経年劣化については貸主が負担するのが原則となっています。
そうすると,日光という自然現象によるクロスの変色は通常損耗ですから,貸主負担とされるべきであり,敷金より引いておくという家主の言い分は通りません。
貸主側の対応に疑問がある場合は,一度弁護士にご相談下さい。

Q. アパートを借りているが,賃料をきちんと支払っているのに,家主から「知人に部屋を使わせたい。」という理由で一方的に立ち退きを求められた。立ち退く必要があるか?

立ち退く必要はありません。
借地借家法では,家主が賃貸借契約の解約を申し入れたり,更新を拒絶するには「正当事由」が必要とされています。借地借家法では借家人は手厚く保護されていますから,借主が賃料をきちんと支払っているような場合では容易に正当事由が認められることはないでしょう。
そうすると,家主の一方的な「知人に部屋を使わせたい」という理由だけでは正当事由は認められません。家主がどうしても立ち退きを求める場合は,少なくとも立退料の支払いが必要になると思われます。

ページの先頭へ戻る